鑑定と言う言葉を良く聞きますが、正式な鑑定とは美術倶楽部や、一例をあげますと、横山大観の場合は東京不忍の池のほとりにある大観記念館で行われています。
このように正式な鑑定機関には、親族や美術館、博物館、指定画廊等があります。

美術倶楽部での鑑定は、東京美術倶楽部、大阪美術倶楽部で決められた作家のみ鑑定会を行っております。
その様子は、専門分野の美術商が、約15名ほど集まり、個々に拝見し、それぞれの真贋の評価(○or×)を記入します。
約15名すべての評価が○の場合、はじめて鑑定書が発行されます。
このような、真贋を問う機関で発行された鑑定書のみ、売却の際に正式な鑑定書として認めら、日本はもとより世界中で通用する鑑定書です。

費用としては、贋物場合は約2~3万円、本物の場合は約5万円程度です。
このような場合のみ鑑定という言葉を使います。
一般的には、個々の店が真贋を問う場合は「拝見させて頂きます」が骨董業界の慣例です。

例えば、上記以外の鑑定書や博物館の館長、または、老舗の古美術商が本物と鑑定しても公的な効力を持ちません。
鑑定書を希望される方は、当店にご相談頂ければ、ご案内や代行を致しております。