中村宗哲買取

当店は、中村宗哲の買取いたしております。
中村宗哲の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と中村宗哲の買取について詳しくは下記をごらんください。

中村宗哲作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①中村宗哲売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ

当店には骨董品買取担当者がおります。 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。

メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、
までお願いいたします。

お見積り

お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。

お取引成立

当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。

お支払い

その場で現金をお支払いいたします。

②中村宗哲の高価買取を解説

塗り師で、代々続いた千家十職の一人です。
いろいろな品物を制作しておりますが、茶道具の中では棗が有名で、高価買取対象です。
棗の中でも、黒棗や平棗より大棗で蒔絵が素晴らしい作品が高価買取対象になります。
代の古い昔の中村宗哲は人気があり、特別高価買取作品です。

中村宗哲買取 中村宗哲買取 中村宗哲買取

一点物の骨董の世界で、一般の方々に簡単に説明するのはなかなか難しいことです。
骨董の世界はたいへん複雑で難しいので、買取依頼の際には買取専門店ではなく、長年知識と経験を重ねた古美術骨董商にご相談頂くのが賢明でしょう。

③当店の強み

 中村宗哲―なかむらそうてつ

千家十職の塗師。 中村家は、江戸時代に始まり400年近く続く代々塗師の家。
当初は蒔絵を施した家具などの製作(通例塗師)も行っていたが、 明治時代以降は茶道具の塗師(型物塗師)専業となる。

初世は、名を玄弼といい、京都の人。
点茶を好み、藤村庸軒との交わりを通じて千家の塗師となった。
千宗旦の次男、一翁宗守は、 中村宗哲家の初代八兵衛の娘婿となり、 吉岡甚右衛門を名乗り塗師を営む。
宗守が父である宗旦から官休庵(武者小路千家)を譲り受けた際に、家業を八兵衛に譲った。

3代宗哲は漆桶、汲斎、紹朴と号し、中村家各代のうちもっとも著名。
後桜町天皇即位の蒔絵の調度品を納品したこともある。
棗の作品が世に賞玩され、70歳の賀に700点の棗をつくり、彭祖宗哲と称された。

当代は十三代。
先代十二代は千家十職の歴史の中で初の女性当主であったが、現在の十三代も女性である。

歴代の中村宗哲

初代 中村宗哲 (1617~1695)

通称は八兵衛。号は公弼、方寸庵、塗翁、勇山、杯斎。
藤村庸軒、灰屋紹益らと親交を結ぶ。
代表作に江岑好、独楽香合、庸軒好、凡鳥棗など。

二代 中村宗哲 (1671~1706)

通称は八兵衛。号は汲斎。
代表作に乱菊中棗。

三代 中村宗哲 (1699~1776)

通称は八兵衛 幼名は鍋千代。号は方寸庵、漆翁、漆桶、勇斎、公弼、紹朴、芹生。
幼少で両親に死別したが、表千家6代、覚々斎、7代、如心斎らに引き立てられ、若年にして「七事式」制定に参加。
俳人であり、与謝蕪村、几菫、堀内仙鶴らと親交を結ぶ。
代表作に覚々斎好、ブリブリ香合、少庵好、彭祖棗。

四代 中村宗哲 (1726~1791)

通称は為安、八郎兵衛。号は深斎。
三代婿養子。
安永3年、従六位下主殿少属兼左生火官人に任じられる。
署名には「豊田八郎兵衛」を使用。
後桜町天皇の大礼御用品の御用も司る。
代表作に三斎好、野風茶器。

五代 中村宗哲 (1764~1811)

通称は守一、八兵衛。号は豹斎、漆畝。
四代婿養子。
天明3年、従六位下主殿寮補左生火官兼式部大録に任じられ、御所御用達となる。
天明8年に「天明の大火」に遭い家を焼失するが、歴代の寸法帳などは持ち出しに成功。
三代未亡人からの聞き書きにより、家伝を作成。
俳人であり、三宅嘯山の弟子。
代表作に認得斎好、蔦蒔絵中棗。

六代 中村宗哲 (1792~1839)

幼名は昌之助。通称は八兵衛、為一、八郎兵衛。号は楪斎。
五代の長男。
1811年に家督相続するも、1815年に弟に家督を譲り、自らは御所御用達と通例の塗師職(大名向け漆器制作)を営業。
代表作に認得斎好、祇園攘疫棗、群亀棗、宝船棗。

七代 中村宗哲 (1798~1846)

幼名は槌六。通称は八郎兵衛、八兵衛。号は得玄、獏斎、黒牡丹。
五代次男。
兄から家督を譲られ、形物塗師職人(茶道具漆器制作)となる。
代表作に名取川硯箱、夕顔台子皆具(浄雪、七代浄益、旦入 合作)。

八代 中村宗哲 (1828~1884)

幼名は丑之助。通称は八郎兵衛、忠一。号は至斎、聴雨、蜂老。
七代長男。
御所御造営や和宮御降嫁花嫁道具、将軍御上洛道具など多数の御用を司る。
明治維新後は京都博覧会会社に勤務。
1876年にフィラデルフィアで開催された米国百年祭大博覧会に出品、銅賞。
代表作に碌々斎好、既望棗、玄々斎好、曙棗。

九代 中村宗哲 (1856~1911)

旧姓は松崎。名は喜三郎。号は義生、英斎、一畝、雲水。
八代婿養子。
元々は師範学校卒業後、小学校訓導を務めていた教師出身。
茶道衰退期の中、京都美術工芸学校に勤務するなど家業の維持に苦心する。
代表作に玄々斎好、溢梅雪吹大小、溜ミル貝雪吹溜松木下張棗、粒菊蒔絵溜雪吹、黒絵玉書詰平棗、惺斎好、鱗鶴大棗、松摺漆丸卓。

中村哲太郎

九代宗哲と十代尼宗哲の長男。
父の死後に家督相続、「中村宗哲」として茶道具製作を行うが、その後廃業。昭和初年逝去。

十代 中村宗哲 (1862~1926)

名は真。八代宗哲四女。
九代夫人。
岸田湘煙の女塾に入塾、自由民権運動の影響を受けて成長。
後、府立女紅場一期生として入学、和裁を勉強する。
結婚後は自宅で和裁塾を開いて家計を助ける。
夫の死、長男の廃業に伴い、表千家12代惺斎の命により家督預かりとなり、多数の道具を製作。
代表作に惺斎好、笹蒔絵硯箱、雛用柳桜茶具(合作)、雛用懐石家具、近江八景棗。

十一代 中村宗哲 (1899~1993)

名は忠蔵。号は元斎、叩城、九土。
九代次男。
戦中戦後の多難な時期に多数の名作を製作。
京都府文化功労者。
昭和60年、十二代に跡を譲り隠居。
代表作に惺斎好、唐崎松中棗、醍醐枝垂桜大棗、即中斎好、四季 誰が袖蒔絵茶器。

十二代 中村宗哲 (1932~2005)

名は弘子。
十一代長女。
兄たちが家職を継がなかったため、家職継承者に指名される。
昭和30年、京都市立芸術大学工芸科卒。
昭和61年、千家への出仕を許され、女性として初めて正式に千家十職当主として認められる。
茶道具以外にも多数の漆器を製作し、工芸家としての評価も高い。
心筋梗塞により急逝。実娘3人も漆工芸家。
代表作に而妙斎好、吉祥松溜雪吹、春野旅箪笥。

十三代 中村宗哲 (?~)

名は公美。
父三代諏訪蘇山、母十二代中村宗哲の次女として生まれる。
京都市立銅駝美術工芸高等学校漆芸科卒業。
京都市伝統産業技術者研修漆器コース終了。