二代 田辺竹雲斎買取

当店は、二代 田辺竹雲斎の買取いたしております。
二代 田辺竹雲斎の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と二代 田辺竹雲斎の買取について詳しくは下記をごらんください。

二代 田辺竹雲斎作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①二代 田辺竹雲斎売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

2代田辺竹雲斎-2だい たなべちくうんさい(1910-2000)

昭和~平成時代の竹工芸家。 大阪生。本名は利雄。勲四等瑞宝章。日本芸術院会員。
田邊竹雲斎の長男。父である初代に師事、
重圧な唐物風から、軽快な作風の透かし編みまで、多彩な作品を制作した。
亀甲編み、鱗編みを中心とした透かし編みの作品を数多く残した。

1915年(大正4)幼少の頃から竹芸をはじめ、5歳の頃、大阪三越にて初代の個展が開催。
従兄弟の光雲斎と二人で席上製作(デモンストレーション)を行い、亀甲編みを見事に編み周囲の人を驚かせた。

1919年(大正8)9歳の時、初代竹雲斎のすすめで、文人の教養として、漢学者の土田江南の元に書を習う。
晩年よく描いた絵は小さい頃から学んだ南画や書が根幹にあるとされる。

1925年(大正14)15歳の時初めての個展を開催するにあたり、初代より小竹雲斎の号を授かる。
1931年(昭和6)帝展に初入選。
1937年(昭和12年)二代田邊竹雲斎を襲名。戦後は日展で活動し、審査員、評議員を務める。
1952年(昭和27)第8回日展で「螺旋紋花籠」を出品し選朝倉賞を受賞。
「播龍図盆(ばんりゅうのずほうぼん)」とは網代で編んだ龍の絵が浮き出る盆、厳しかった初代竹雲斎に初めて褒められた作品といわれている。

1959年(昭和34)大阪府芸術賞、 1981年(昭和56)には勲四等瑞宝章、 1983年(昭和58)に紺授褒章を受ける。
1991年(平成3)竹雲斎を長男にゆずり一竹斎を名のった。
2000年(平成12)2月24日死去。89歳。