初代田辺竹雲斎の買取

当店は、初代 田辺竹雲斎の買取いたしております。
初代 田辺竹雲斎の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と初代 田辺竹雲斎の買取について詳しくは下記をごらんください。

初代 田辺竹雲斎作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①初代 田辺竹雲斎売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

初代 田辺竹雲斎-しょだいちくうんさい(1877-1937)

明治~昭和時代前期の竹工芸家。 明治10年(1877)6月3日生まれ。本名は常雄。
家はもと摂津尼崎藩(兵庫県)の藩医。御典医・田辺眞常の三男として生まれる。
幼少時、竹細工に興味を持ち、12歳で大阪の初代和田和一斎氏に師事、竹編みの技法をまなぶ。
また後に服部松雲斎の下で華道を修め、のちに正風青山流家元となる。
1901年(明治34)、22歳で独立して、師 和一斎のもう一つの号であった 「竹雲斎」を譲られる。
1903年(明治36)、第五回内国勧業博覧会に出品し三等賞銅牌を受賞。
その後数々の博覧会で受賞を重ねる。
1911年(明治44)、堺に居を移す。
1925年(大正14)パリ万国装飾美術工芸博覧会で銅賞受賞、またドイツなどへの竹製品輸出など、内外で活躍した。
花月庵流煎香皆伝、華道正風青山流家元を継承。
唐物風の制作を得意とし、独創の花籠や古矢竹の応用などに個性を発揮した。
多くの弟子の育成、竹芸界の重鎮として活躍し、大阪市より功労賞受賞。
1937年(昭和12)5月26日死去。61歳。