山田宗美買取

当店は、山田宗美の買取いたしております。
山田宗美の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と山田宗美の買取について詳しくは下記をごらんください。

山田宗美(1871-1916)

明治~大正時代の鍛金家。石川県加賀市に生まれる。
山田宗光の子。本名長三郎。作品に「狛犬大置物」など。

父に象嵌・鍛金を学ぶ。
1枚の鉄板から立体の花瓶や置物をうちだす独自の技術をあみだす。
1896年(明治29)日本美術展覧会、1900年(明治33)パリ万国博覧会、1906年(明治39)セントルイス万国博覧会など多くの博覧会で入賞をかさねた。
帝室技芸員に内定していたが就任直前に亡くなった。
1916年(大正5)3月15日死去。46歳。