池田遙邨買取

当店は、池田遙邨の買取いたしております。
池田遙邨の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と池田遙邨の買取について詳しくは下記をごらんください。

池田遙邨作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①池田遙邨売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②池田遙邨の査定・評価の基準とワンポイントアドバイス

池田遙邨の前作や晩年作、高価買取できる特徴

内面性を重んじた暗い表現、大和絵風の表現などを経て、滋味と飄逸味をもつ作品を日展に発表し続けました。
晩年は種田山頭火に傾倒し、山頭火の俳句をモチーフに画作を行い、山頭火の姿で旅をしました。
晩年に描かれた山頭火の詩を情景にしている「山頭火シリーズ」は、高価買取対象です。

箱書き・シールの有無

日本画の場合は、掛軸では共箱、額装では共シールに、作者の花押や落款があります。
そのような作品が一番評価が高く、確実な作品とみなされます。

掛軸での共箱とは、蓋の裏側や表側に作者の花押落款があります。

額装での共シールとは、絵画の裏側に名刺大の紙に花押落款や題名が書かれております。

まずは現状のままご相談ください。

購入されるお客さまの好みにより、修復作業を行いますので、シミや汚れまた表具の傷み等現状のままご相談ください。

長年大切にされてきた品物は、箪笥や納戸にしまわれている場合が多くあります。
このような作品は、日本特有の四季のため、シミや汚れがつきやすく、また、作品の変色や虫食い等、買取の際買取価格が大きく下がる場合があります。
お気づきの際は、早めにお知らせ頂ければ、高価買取させて頂けます。

傷みがひどくても、小売販売している当店ならでは、多くのお客さまがおられ、参考品や珍品として高価買取できることもよくあります。

素人判断をされる前にお知らせ頂ければ、高価買取させて頂く場合も多々あります。

池田遙邨(いけだようそん 1895-1988)

日本画家。本名昇一。岡山市に生まれる。のち大阪市に転居

幼少より画才があり、大阪の松原三五郎が主宰する天彩画塾に入門し洋画を学ぶ。
大正3年、第8回文展に水彩画「みなとの曇り日」が入選する。弱冠18歳での入選が話題となり天才少年画家として名声を得る。
大正8年、京都市に移り、竹内栖鳳の画塾「竹杖会」に入門し日本画に転向する。風景画に独自の画境を作る。
幼少より画才があり、大阪の松原三五郎が主宰する天彩画塾に入門し、初め大阪で洋画を学ぶ。
1914年(大正3)、第8回文展に水彩画「みなとの曇り日」が入選し、弱冠18歳での入選が話題となり天才少年画家として名声を得る。
やがて小野竹喬を知り、その影響で日本画に転じて1918年(大正7)竹内栖鳳の門に入った。
1919年第1回帝展に「南郷の八月」が入選。
1928年(昭和3)には「雪の大阪」、1930年(昭和5)には「烏城」が特選になった。
この頃は、内面性を重んじた暗い表現、大和絵風の表現などを経て、滋味と飄逸味をもつ作品を日展に発表し続けた。

晩年には漂泊の俳人・種田山頭火に心を寄せ、その句境の絵画表現に挑み、その句を画題としたいわゆる山頭火シリーズに着手し、情熱を傾けた。
好きな句を何枚も書き出しては画室の壁に張り、「これらを描き終えるには125歳まで長生きしなければ」と、おとろえることない制作意欲をみせて次々に作品を発表した。
山頭火の俳句を題材とした「山頭火シリーズ」は、遙邨が到達した独自の画境を示す代表的連作といえる。
飄逸あるいは洒脱とも評されるこれらの作品には、できることなら山頭火のように旅をしたいと願っていた遙邨の思いが託されているとされる。

1953年画塾青塔社を設立して後進の育成にも意を注ぐ。日本芸術院会員。
1984年(昭和59)年文化功労者の表彰。
1987年(昭和62)文化勲章受章。
1988年(昭和63)自然を愛し、旅にあこがれた遙邨は、急性心不全のため死去、92歳。

④その他一般の絵画の鑑定について

鑑定と言う言葉を良く聞きますが、正式な鑑定とは美術倶楽部や、一例をあげますと、横山大観の場合は東京不忍の池のほとりにある大観記念館で行われています。
このように正式な鑑定機関には、親族や美術館、博物館、指定画廊等があります。

美術倶楽部での鑑定は、東京美術倶楽部、大阪美術倶楽部で決められた作家のみ鑑定会を行っております。
その様子は、専門分野の美術商が、約15名ほど集まり、個々に拝見し、それぞれの真贋の評価(○or×)を記入します。
約15名すべての評価が○の場合、はじめて鑑定書が発行されます。
このような、真贋を問う機関で発行された鑑定書のみ、売却の際に正式な鑑定書として認めら、日本はもとより世界中で通用する鑑定書です。

費用としては、贋物場合は約2~3万円、本物の場合は約5万円程度です。
このような場合のみ鑑定という言葉を使います。
一般的には、個々の店が真贋を問う場合は「拝見させて頂きます」が骨董業界の慣例です。

例えば、上記以外の鑑定書や博物館の館長、または、老舗の古美術商が本物と鑑定しても公的な効力を持ちません。
鑑定書を希望される方は、当店にご相談頂ければ、ご案内や代行を致しております。