kagawakatuhiro-6当店は骨董品の純銀製品を買い取りいたします。
純銀製の香炉や、純銀製の花瓶、純銀製の置物、純銀製の酒器、純銀製のボンボニエール、純銀製のお茶道具等…
細工の美しい骨董品の純銀製品は、骨董価値が加わり、貴金属店に売却される十倍、二十倍と高値で買取出来る場合が多くあります。
是非一度当店へご相談ください。

純銀製品買取

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

骨董品の純銀製品買取

彫金細工・金工細工買取(銀香炉)
明治時代頃から純銀の彫金細工された品物が数多く作られております。
元々は、彫金細工、金工細工で、刀や刀装具、鎧兜(よろい、かぶと)の金工細工、彫金家は、明治9年の帯刀禁止令以降、廃業しました。
以降、工夫と努力で日本古来の彫金細工の技を生かし、カラフルな象嵌や彫金細工、金工細工で、世界の万国博覧会に出品され、欧米各地で注目を浴び、明治期に花開いていきました。

彫金細工・金工細工買取例彫金技法は、主として「彫る技法」、「嵌める技法」、「打つ技法」があります。
彫金技法の種類では、毛彫り、打ち込み、鋤彫り、平象嵌、高肉象嵌、片切り彫り、等です。
色金材料では、純金、青金、火銅、赤銅、純銀、朧銀、四分一、黒四分一、白四分一等があります。
他にはまねのできない日本の職人技を築き上げました。

純銀製品買取 純銀製品買取 純銀製品買取

刀装具や彫金細工・金工細工と同じ分野になり、作家も重なりますが、
作家別では、下記の作家です。

後藤一乗(江戸~明治 ごとういちじょう)、石黒是美(江戸~明治 いしぐろこれよし)、
加納夏雄(江戸~明治 かのうなつお)、海野勝珉(明治~大正 うんのしょうみん)、
正阿弥勝義(江戸~明治 しょうあみかつよし)、大森英秀(江戸期 おおもりてるひで)、
大森英満(江戸後期 おおもりてるみつ)、橋本一至(江戸~明治 はしもといっし)、
菊岡光保(江戸後期 きくおかみつやす)、浜野直随(江戸後期 はまのなおゆき)、
伊藤正乗(江戸後期 いとうせいじょう)、鈴木美彦(明治~昭和 すずきよしひこ)

どなたが見ても丹精で綺麗な彫金細工や金銀象嵌の品物は、高価買取できる品物が多いです。
当店のホームページをご覧になり、参考にしてください。