茶道具買取例(御本茶碗)茶道具を買取いたします。
表千家、裏千家、その他お家元茶道具高価買取いたします。
茶道具の買取はお気軽にご相談ください。

茶道具買取(千家十職)

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

茶道具買取説明

いろいろな流派がありますが、宗匠の書付について説明。

茶道具買取例(茶杓)  表千家、裏千家をはじめ、各お家元のお茶道具買取させていただきます。
お茶道具は、多くの種類がありますが、それぞれ歴代宗匠の書付がある作品は、貴重な品物で高価買取対象になることが多いです。
同じ宗匠でも、若い時代と晩年の時代では作品の価格が倍以上違うことがあります。
宗匠は歴代おられますが、やはり昔の古い代の作品の方が、一般的には特別高価買取対象です。

茶掛のお軸で、宗匠が書いた品物も数多くありますが、これらの作品においても同じことが言えるでしょう。
また、茶掛では、一行書が一番貴重な品とされ高価買取対象です。

花押落款を紹介できれば良いのですが、数多くあり難しいです。
写真をお送り頂くか、直接当店にお持ち頂ければ、説明させて頂きます。
このように茶道具は、たいへん複雑で難しいので、買取専門店ではなく、長年知識と経験を重ねた古美術骨董商にご相談頂くのが賢明でしょう。

書付とは(下記の写真)

茶道具と言えば、箱入りの作品がほとんどです。
宗匠の書付は、箱の蓋の裏側に書かれています。
その場合、箱表には何も書かれておりません。
制作者の名前は、箱の裏や箱の横に書かれています。
作品自体にも朱色の墨で花押が書かれているものもたくさんあります。
一般的には、書付の付いている品物は高価買取対象が多くあります。

茶道具買取

茶道具買取茶道具買取

茶碗買取解説

茶碗で有名な品と言えば、大名茶碗や名物茶碗で、井戸茶碗や高麗茶碗、天目茶碗などが有名ですが、すべて昔の時代(桃山時代以前)の品です。
これらの品々は、特別高価買取対象で、一品で数百万円の品物もあります。
小さなお茶碗の中に満天の宇宙が広がる井戸茶碗等、私も初めて手に取って見たときの感動は今でも忘れません。
またそれ以後、いろいろな茶碗が制作されましたが、昔から言われるように「一は 楽、二は 萩、三は 唐津」と言われ、楽焼は茶碗の中でも、もっとも有名な茶碗です。
作家別の楽焼では、当代では十五代にあたる楽吉左衛門、大樋長左衛門が有名で、高価買取対象です。
その他に、永楽善五郎や著名陶芸作家の作られた作品が高価買取対象です。

茶碗買取茶碗買取 茶碗買取

掛軸買取解説

茶掛のお軸と言っても、本席掛けから待合や寄付にかける掛物まで様々な品物があります。
茶掛けの掛軸では、「一行書」が最も代表的なものです。
一行書とは、季節感を伴う語句やめでたい語句など、含蓄の深い禅語が3~8字書かれたものです
茶人の方々は、それぞれ個性があり、様々なお軸がありますが、中でも表千家、裏千家の宗匠が書かれた品は高価買取対象です。
特に昔の宗匠が書かれたお軸は、特別高価買取対象となります。
沢庵和尚、江月和尚、清巌和尚など、古い昔の茶掛けの作品は偽物も多くありますが、本物の場合は特別高価買取対象です。
掛軸買取 掛軸買取 掛軸買取

その他茶道具買取解説

一般的には、桃山時代頃の作品が特別高価買取対象になっております。
例えば、御茶碗の御本茶碗や井戸茶碗には、桃山時代や以前の品物で、これらの時代には茶入、香合等多くの品物があります。
茶杓では、千利休や古田織部等、この時代に活躍した茶人の茶杓は特別高価買取対象です。
現代作家の品物では、下記に書かれた千家十職の作られた品物が高価買取対象です。
茶道具買取茶道具買取茶道具買取