荒川豊蔵買取

当店は、荒川豊蔵の買取いたしております。
荒川豊蔵の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と荒川豊蔵の買取について詳しくは下記をごらんください。

荒川豊蔵作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①荒川豊蔵売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

荒川豊藏(1894-1985)

1922年、東山窯の工場長となる。
1927年、北大路魯山人に招かれ、北鎌倉の魯山人の星岡窯に移る。
星岡窯では、乾山風、九谷風などのやきもの作る。
1928年、魯山人とともに、朝鮮古窯跡の調査に行き、朝鮮半島南部の主立った窯を回るなどし、次第に古陶磁への素養を深めていく。

1930年、可児市の古窯跡で、桃山時代の志野筍絵筒茶碗の陶片を発掘。
桃山時代の志野焼が瀬戸では無く美濃で製作された事を実証した。

1933年、魯山人のもとを離れ、星岡窯をやめて多治見の大萱古窯跡近くに穴窯をつくる。
大萱に、桃山時代と同じ単室窖窯を築いて作陶活動を始め、桃山の志野、瀬戸黒、黄瀬戸など桃山陶の再現と復興に全力を注いだ。
1940年、当初は桃山写しの作を創作していたが、徐々に独自の作風を展開し、大阪阪急百貨店で初の個展「荒川豊蔵作陶並絵画展覧会」を開催した。
1942年、桃山ルネッサンスと陶芸の近代化を目指し、川喜田半泥子、金重陶陽、三輪休和等と「からひね会」を結成する。

1946年、牟田洞の窯とは別に、美濃の伝統を生かしながらも、一般家庭向けの陶器を提供したいという思いで、多治見市に水月窯を築く。
1971年、77歳の時、文化勲章を受章し、多治見市名誉市民となる。
1955年、「志野焼」「瀬戸黒」で、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。
1985年、8月11日、92歳で逝去。