藤原啓買取

当店は、藤原啓の買取いたしております。
藤原啓の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と藤原啓の買取について詳しくは下記をごらんください。

藤原啓作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①藤原啓売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

藤原啓―ふじわらけい(1899-1983)

陶芸家。岡山県生まれ。岡山県備前市穂浪に農業を営む藤原伊三郎、世為の三男として生まれる。
本名は敬二。

1919年(大正8)に、文学を志して上京、多くの文化人と交流。
以後約15年、詩や小説の執筆・出版活動を続けたが、1937年(昭和12)帰郷、備前焼の道に入る。
当時40歳という遅いスタートだった。
三村梅景、金重陶陽の指導で、郷里穂波に窯を築き、陶工として再出発する。のち陶陽ともども古備前の復興、桃山時代の備前焼茶陶の再興に尽くした。
伝統技法を基礎に士味を生かした豪放で素朴な作風には文人的味わいがある。
作風は端正で、めりはりの効いた野趣に富み、その姿勢は陶陽とは好対照であった。

1948年、国指定丸技作家となる。
備前焼では他に金重陶陽、山本陶秀のみ。
1958年、日本工芸理事。
1962年、プラハ国際陶芸賞受賞。
1970年(昭和45)重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。
1972年、勲四等旭日章、勲三等瑞宝章受章。
1983年(昭和58)死去、84歳。