高村光雲買取

当店は、高村光雲の買取いたしております。
高村光雲の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と高村光雲の買取について詳しくは下記をごらんください。

高村光雲作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①高村光雲売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

高村光雲(1826-1879)

彫刻家。江戸生まれ。本名幸吉、旧姓中島。日本近代彫刻の祖。
長男の光太郎は彫刻家・詩人、三男の豊周は工芸家として名高い。
著書に「光雲懐古談」がある。上野の西郷隆盛像の作者。

仏師高村東雲(とううん)の門に入って木彫を学び、1874年(明治7)東雲の姉の養子となり、高村姓を継いだ。
1877年内国勧業博覧会に東雲の代作として「白衣観音」を出品、最高賞を受けた。
1887年から翌年にかけての皇居造営に際し装飾の一部を担当した。
明治時代に入り廃仏毀釈などで仏像の需要が激減し伝統の木彫が衰退し、象牙彫が隆盛するなど木彫衰退の時期に、鳥や獣を題材に写生をとり入れた新しい作風を開き、明治の近代木彫の展開に大きな業績をのこした。
1889年東京美術学校(現東京芸術大学)の開設とともに岡倉天心の招きで彫刻科の指導者となり後進を指導、翌年帝室技芸員、東京美術学校教授に任命され、1891年光雲と号した。
東京美術学校に依頼された、皇居前広場の「楠公像」「西郷隆盛像」の銅像を木彫の原型から完成させ、上野公園の「西郷隆盛」の木型制作主任を勤めるなど、業績は多岐に及ぶ。

1893年のシカゴ万国博覧会では「老猿」が妙技二等賞を受賞した。
1907年(明治40)の文展開設後は審査員を歴任し、1919年(大正8)には帝国美術院会員となり、文字どおり官展系木彫の重鎮であった。
1919年、山霊訶護をパリ万博に出品。帝室技芸員、東京美術学校名誉教授を勤める。
1926年、東京美術学校教授を退いて名誉教授となった。

1879年(昭和9)10月10日死去。83歳。