当店は、高村豊周の買取いたしております。
高村豊周の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と高村豊周の買取について詳しくは下記をごらんください。

高村豊周作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①高村豊周売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

高村豊周―たかむらとよちか(1890-1972)

大正~昭和時代の鋳金家。
高村光雲の三男として東京に生まれる。兄は彫刻家で詩人の高村光太郎。
代表作に長野県小諸懐古園の「藤村詩碑」、「斜交紋花筒」(1928年帝展特選)、「鋳銅花器鼎」などがある。
著作に「光太郎回想」「自画像」
歌人としても活躍、詩歌を与謝野鉄幹・晶子夫妻に学び、歌集に「露光集」「歌ぶくろ」などがある。

作風は造形の新鮮さを、惣型、込型、蠟型などの伝統的な技法の駆使によったものが多い。
作品は伝統的な器形をとりながらも明治の置物工芸から脱して、簡潔、清新な現代感覚を表出したものが多い。

1908年、18歳で東京美術学校(現東京芸術大学)鋳金科の津田信夫に師事、津田信夫の門に入る。
1915年(大正4)卒業
1926年、新しい工芸美術の確立を目ざし、无会を結成し、新工芸運動を興す。
1927~29年(昭和2~4)に帝展出品の「鋳銀盤」「斜交文花筒」「鋳銅花筒」が連続して特選となる。
以後、帝展、文展、日展で審査員、理事等を務め、東京美術学校教授(1933~44)として後進を指導した。
1935年、実在工芸美術会を組織・設立して新様式の樹立に努め、工芸の近代化運動に活躍した。伝統的な技法を駆使した簡潔・清新な造形で鋳金界に新指針を示した。
1950年芸術院会員となる。
1964年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。
1972年(昭和47)6月2日死去。81歳。