一宮長常買取

当店は、一宮長常の買取いたしております。
一宮長常の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と一宮長常の買取について詳しくは下記をごらんください。

一宮長常作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①一宮長常売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

一宮長常-いちのみやつねなが(1721-1786)

江戸時代中期の京都の装剣金工。福井県(越前国)敦賀に生まれる。
本名は柏屋忠八。号は蟻行子、含章子、雪山など。屋号は柏屋。子は一宮長義。
刀剣の装飾金具に写実的な模様の彫金に長じた。

京都で、後藤隆乗の流れをくむ太刀師保井高長に彫金を学び、石田幽汀に絵を学ぶ。
写生彫刻に秀で、江戸の横谷宗珉とならび称された。
下絵に巧みで、京都における名人の一人に数えられている。
また、自分で彫刻の下絵を描いた他に、海北友松や円山応挙の絵なども用いている。

高彫色絵や日本画の筆意をそのまま金属に表した、写生風小柄、笄、目貫、縁頭などが多い。
肉合彫に片切彫、象眼色絵を交えた独自の作風で、絵画的構図を得意とした。

1770年(明和7)9月21日、御所の衝立の金具を調進した賞として越前大掾を受領。
1786年(天明6)12月18日死去。66歳。