netuke01当店は日本の古い根付を高価買取します。

日本人は、ポケットの無い着物を着用したので、巾着や印籠を着物の帯から提げて持ち歩きました。
その留め金具が根付です。

江戸後期には実用性や装飾性のある「根付」が主流となり、富裕層が所持した印籠や根付には、晴れの場で身に着ける装身具として、蒔絵や象牙等が使用された、日本人独自の職人技の逸品、細かい彫刻や蒔絵が素晴らしい作品が多くありました。

明治時代に入ると、海外から高い評価を得て輸出用に数多く生産されました。
現在、多くの根付が独立した古美術、骨董品として収集され、骨董品買取の際には、高価で買取されております。
netuke04
根付の素材は、象牙、イノシシやセイウチの牙、鹿の角、骨、黄楊などの木製、陶器、彫金金具、漆、琥珀、珊瑚、等で、蒔絵や透かし彫りの品物もありました。
それらの形状は、からくり根付、差根付、面根付、形彫根付、饅頭根付、鏡蓋根付、箱根付、等があります。
これらの中でも、蒔絵や彫りがあるなどの細工、時代、材質によっては骨董品買取の際、高価買取できる品物も数多くあります。

作家別では、幕末頃、明鶏斎法實、懐玉斎正次、光廣、龍珪、寿玉、忠義、一旦、一貫、正直、亮長、豊昌ら名工が活躍しました。
明治になると根付は実用品ではなく美術品として欧米に輸出されるようになり、東谷、如藻、森田藻己、谷斎、石川光明、森川杜園、加納鉄哉らが名品を生み出しました。
netuke02
象牙、骨製、木彫の根付等、骨董品の根付は世界の人々からコレクションとして大変人気があります。
買取の際には高価で買取できる品物も多数あります、是非一度骨董店にご相談ください。

根付買取

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

骨董品 根付買取例

netuke04日本人は、ポケットの無い、着物を着て、巾着や印籠を、着物の帯から提げて持ち歩きました。
その留め金具が根付です。

 

 

netuke01紐で留め具に結び付けていたのは、江戸時代最初は、銅製の糸印を着用したのですが、その後、実用性や装飾性のある、「根付」が江戸後期には主流となり、晴れの場で身に着ける装身具として、富裕層が所持した印籠や根付には、蒔絵や象牙等が使用され、日本人独自の職人技の逸品、細かい彫刻や蒔絵が素晴らしい作品が多くありました。

netuke03明治時代に入ると、海外から高い評価を得て輸出用に数多く生産されました。
現在、多くの根付が独立した古美術、骨董品として収集され、骨董品買取の際には、高価で買取されております。
現在では、携帯電話のストラップに根付を付けている人もおられます。

netuke05

根付の素材は、象牙、イノシシやセイウチの牙、鹿の角、骨、それらの材質は、象牙、セイウチの牙、鹿の角、黄楊などの木製、陶器、彫金金具、漆、琥珀、珊瑚、等で蒔絵や透かし彫りの品物もありました。
それらの形状は、からくり根付、差根付、面根付、形彫根付、饅頭根付、鏡蓋根付、箱根付、等、これらの中でも、蒔絵や彫があり、細工や時代、材質によっては骨董品買取の際、高価買取できる品物も数多くあります。

netuke02作家別では、幕末頃、明鶏斎法實懐玉斎正次光廣龍珪寿玉忠義一旦一貫正直亮長豊昌ら名工が活躍しました。

明治になると根付は実用品ではなく美術品として欧米に輸出されるようになり、東谷如藻森田藻己谷斎石川光明森川杜園加納鉄哉らが名品を生み出しました。