佐賀県有田町では、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、多くの藩が陶工を日本へと連れ帰りました。
1616年に、その中の一人、韓国の陶工・李参平が有田の泉山で白磁鉱を発見し、そこに天狗谷窯を開き日本初の白磁を焼きました。
これが「伊万里焼」の始まりです。

一方、大川内山(伊万里市南部)では、幕府や大名などへの献上・贈答用の最高級品のみを焼いていた藩窯である鍋島焼も生産されます。

将軍・大名への贈答用高級品として作られ、一般に出回っていなかった鍋島焼が、鑑賞陶磁として現在でも注目されています。

江戸末期頃には、伊万里焼により、瀬戸でも磁器生産が開始され、瀬戸焼や唐津焼は次第に市場を奪われ衰退し、多くの窯元が廃窯となりました。

初期伊万里

1637年までの、「なまがけ」と呼ばれる素焼きを行わないまま釉薬掛けをして焼成したもの。
裏面に絵が描かれていない品物にも高価なものがあります。

初期色絵の古九谷様式

1640年代の、1次焼成の後に上絵付けを行なうもの。
赤の輪郭線に赤、黄、緑などの明るい色調で文様を描いた「祥瑞手」、黒の輪郭線に青、黄、緑、紫などの濃色で文様を描いた「五彩手」、青、黄、緑、紫などの濃彩で余白なく素地を塗りつぶした「青手」などに分類される。

柿右衛門様式

17世紀後半の、濁手(にごしで)と呼ばれる乳白色の生地に、上品な赤を主調とし、余白を生かした絵画的な文様を描いたもの。

金襴手

17世紀末頃の、中国明代後期の嘉靖・萬暦期の金襴手をモデルにした、豪華絢爛なもの。