3代田辺竹雲斎

当店は、三代 田辺竹雲斎の買取いたしております。
三代 田辺竹雲斎の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と三代 田辺竹雲斎の買取について詳しくは下記をごらんください。

三代 田辺竹雲斎作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①三代 田辺竹雲斎売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

3代田辺竹雲斎-3だいたなべちくうんさい(1940-2014)

大阪府堺市に生まれ。本名は久雄。享年75歳。

1954年(昭和29)父二代竹雲斎の故郷、堺市北三国ヶ丘に移住。
1956年(昭和31)日展作家の中条青香教授が教鞭をとる大阪市立工芸高校金属科に入学し鋳金、彫鍛金、機械を学ぶ。
工芸高校卒業後は初代竹雲斎の高弟である大久保尚竹斎に師事。
その後より深い造形を学ぶため武蔵野美術大学工芸工業デザイン科に入学する。
1964年(昭和39)武蔵野美術大学卒業後、堺に帰り、初代の弟子の一人である塚由忠義に学び本格的に竹芸を始める。
日展に「直花籠(ちょくはなかご)」を初出品し、初入選。作品は堺市に買い上げされる。
この直花籠は三代竹雲斎の作品の特徴である矢竹(弓の矢に使用された竹)をそのまま使い構成された最初の作品。
1965年(昭和40)日本現代美術展に出品初入選。
日展出品作「輪象(りんしょう)」は外務省買上となる。
輪象は矢竹を放射状に構築し建築性を持たした作品。
1964年(昭和44)二代竹雲斎から「小竹」の号を授かる。
翌年大阪高島屋にて父子展を開催。
1971年(昭和46)毎日新聞社主催 「竹雲斎竹芸三代展」を開催。
1974年(昭和49)には日展作の 「方(ほう)」が東京国立近代美術館に買い上げ。
その後も日本現代工芸展、日展、大阪工芸展、 全関西美術展などを中心に出品する。
1991年(平成3)51才で三代竹雲斎を襲名。
大阪高島屋にて襲名展を開催、以降、毎年大阪高島屋にて個展を行う。
襲名後は海外でも展覧会を開催。
1998年(平成10)にはタイでのアジア大会竹芸展に出品。
1999年(平成11)アメリカボストンにて竹雲斎展を開催。
その後もNYやサンフランシスコで展覧会を行う。
また韓国、ニュージーランドでも美術家交流展も行う。
2014年(平成26)3月17日逝去。享年75歳。