古美術やかたの骨董品買取専門ホームページです。
骨董品買取 古美術やかた 店内の写真を見る

当店が骨董品買取で高価買取できる理由

当店は、約80軒の骨董品・古美術商が軒を連ね、京都市より歴史的保全地区に指定されている京都祇園縄手通りに面しております。

そのような土地柄、四季折々には、1日100名近くのお客様が、日本国内はもとより、世界各国よりご来店頂いております。また、全国より骨董品買取相談やご依頼も数多くいただいております。

店には常時、2000点以上の品物に価格表示し、販売しております。
お買取りの際、店頭で販売する価格を提示しご納得頂けるようにしています。
その価格と品物を、ホームページ上にも掲載致しております。

京都美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

古美術やかたのお知らせ

祇園骨董街の銀杏、京都の紅葉は今からですよ!

古美術骨董商が軒を連ねている祇園骨董街の銀杏もこんなに色づきました。
古美術やかたは、鴨川の東側にある鴨東古美術会(約60軒の古美術骨董商)に所属した祇園骨董街にあります。
祇園でこの色づき、山の方、高雄や三千院では最高の紅葉が始まっていると思います。

%e7%a7%8b%e3%80%80%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b%e7%94%a8%e3%80%80

10月22日 京都は時代祭

当店の近く三条大橋を時代祭の行列が、通過して行きます。
友達が参加していたので、見物に行ってきました。
さすが京都三大祭の時代祭で、多くの人出で賑わっていました。
ほとんどの観客が外国のお客様で、見物帰りのお客様がお店にも多数来店頂きました。

%e6%99%82%e4%bb%a3%e7%a5%ad%e3%80%80%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b%e7%94%a8%e3%80%80

美術倶楽部もいよいよ秋!

当店は、大阪美術倶楽部京都美術倶楽部、両方の会員です。
昨日、大阪美術倶楽部で競り市が(秋期大会)が開催されました。
四~五百人の古美術骨董商が集まり、数千点の品物が売買されておりました。
また、今月の中頃には、京都美術倶楽部大会も始まります。

営業のお知らせ

本日(9月30日、金曜日)より、通常通り営業致します。
定休日は、毎週、月曜日、火曜日です。
営業時間は、午前11時~午後17時30分です。
京の町も暑さがおさまり、路地裏には、秋の足音が聞こえてきそうです。

臨時休業のお知らせ

誠に勝手申しますが、9月25日(日曜日)~9月29日(木曜日)
臨時休業にさせて頂きます。宜しくお願い致します。

以前のお知らせはこちら

最近買取した品物のご紹介

珍しい髑髏の鍔、骨董品買取でお買取りさせて頂きました。 2016年12月11日
骨董品買取

販売価格 100,000円
写真15枚掲載、ご覧下さい

江戸期の品物で、髑髏と三日月が彫金細工と象嵌細工で表現されており、味わいのある職人技が冴える逸品です。
在銘ではありませんが、昔の職人技が素晴らしく高価買取させて頂きました。
この様な金工細工には、銘や細工により特別高価買取出来る品物も多くあります。
古美術品、骨董品をお買取り依頼される際には、素人判断せずに当店にご相談下さいませ。

骨董品お買取りで、滋賀県のお客様より 銀瓶 生駒製 高価買取させて頂きました。 2016年12月10日
骨董品買取

販売価格 750,000円
写真32枚掲載、ご覧下さい

少し大ぶりの銀瓶です。
骨董品買取で滋賀県のお客様より、いろいろな古美術品お買取りさせていただきました。
その中でも、さすが昔の生駒製(大正時代前後)で、今では再現できない、銀地の打出し模様が綺麗な品物です。
桐箱には、蓋表には南鐐と書かれており、蓋裏には生駒製のシールが貼られ、共箱です。
骨董品買取で、いろいろな銀瓶をお買取りさせて頂きますが、秦蔵六、中川浄益、や 生駒製の作品は丁寧に作られており、人気があります。
この作品も、銀地の打出し模様や、注ぎ口が鉄砲口で、摘まみも宝珠型で本体内側も丁寧な仕事が施されております。
このような作品で高価買取させて頂きました。
純銀製の作品は、長く年月がたちますと黒く変色しますが、当店では多くの職人を抱えており、是非ご相談くださいませ。

お買取りさせて頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で、店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

骨董品買取で茶道具の 高盛蒔絵 煎茶盆 お買取りさせて頂きました。 2016年12月9日
骨董品買取

販売価格 180,000円
写真16枚掲載、ご覧下さい

石川県よりご来店頂き、骨董品買取で煎茶盆お買取りさせて頂きました。
木製の材質に高盛蒔絵が丁寧に施され、昔の職人技が冴える逸品です。
高盛蒔絵と言えば、 独特の漆芸技法で、広島県無形文化財保持者の金城一国斎を思い出しますが、同じ技法で作られております。
昔から行われている高蒔絵の技法に漆絵や堆朱・堆黒の技法付け加え、大正時代前後に作られた作品で、作者は猩々斎です。
高盛蒔絵はアジアのお客様に人気で、買取させて頂きました。

地元京都の方より、金工細工 帯留 お買取りさせて頂きました。 2016年12月8日
骨董品買取

販売価格 200,000円
写真23枚掲載、ご覧下さい

地元京都のお客様より、骨董品買取で帯留お買取りさせて頂きました。
昔から京都と言えば「着倒れ」で有名です。
元呉服商のお宅よりお買取りさせて頂きました。
さすが京都の呉服商、素晴らしい彫金細工の帯留お買取りさせて頂きました。
帯留にもいろいろな種類がありますが、人気なのはとりあえず大きな品物が人気です。
この作品は、純銀の金工細工で昔の職人技が冴える逸品です。

お買取りさせて頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で、店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

数々の伊万里焼を骨董品買取で、お買取りさせて頂きました。 2016年12月7日
骨董品買取

販売価格 10,000円
写真9枚掲載、ご覧下さい

数々の伊万里焼の陶器をお買取りさせて頂きました。
以前は骨董品買取で、伊万里焼の陶器が人気でしたが、最近では珍しい図柄の伊万里焼に人気が集中しています。
この伊万里焼は江戸後期で、楽しい図柄なのでお買取りさせて頂きました。
綺麗な模様で上がりも良く、傷・割れ等無く、完品です。

兵庫県のお客様より、純銀 煙管 骨董品買取で、お買取り致しました。 2016年12月5日
骨董品買取

販売価格 150,000円
写真31枚掲載、ご覧下さい    

車で兵庫県のお客様にご来店頂き、いろいろな骨董品をお買取りさせて頂きました。
最近では、禁煙ブームで喫煙具類の価格が安くなっておりますが、この品物は作家物で出来の良い作品なので、高価買取致しました。
ご覧のように見事な彫金細工が施されており、丁寧で味わいのある職人技が冴える逸品です。
刻印はありませんが、材質は純銀と思われます。
昔の女性用の煙管で、作者は、桂光春に師事し、昭和46年に没しています。

お買取りさせて頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で、店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

骨董品買取で、江戸後期の伊万里焼数点お買取りさせて頂きました。 2016年12月4日
骨董品買取

販売価格 20,000円
写真13枚掲載、ご覧下さい

数種類の伊万里焼をお買取りさせて頂きました。
時代は幕末頃の品物で、ひび割れ等無く、状態良い品物です。
明治時代の伊万里焼でも、古伊万里と書かれている事が多くありますが、当店では本来の中期以前の伊万里焼を古伊万里と表現しております。
一般的に伊万里焼は、時代が古く珍しい図柄の品物が高価買取対象になります。

刀装具 鍔 包丁を骨董品買取で、お買取りさせて頂きました。 2016年12月3日
骨董品買取

販売価格 80,000円
写真13枚掲載、ご覧下さい。

以前の鍔と同じで福井県のお客様から骨董品や数多くの刀装具、お買取りさせて頂いた品物の一部です。
丁寧な彫金細工と象嵌細工が施され、江戸時代の鉄味の良い昔の職人技が見られる作品で、お買取りさせて頂きました。
どなたが見ても丹精で綺麗な金工細工、彫金細工の品物は、骨董品買取の際、特別高価買取させて頂ける品物が多くあります。

お買取りさせて頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で、店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

綺麗な銀瓶を骨董品買取で、お買取りさせて頂きました。 2016年12月2日
骨董品買取

販売価格 600,000円
写真28枚掲載、ご覧下さい。

骨董品買取で、大正時代の銀瓶をお買取りさせて頂きました。
三世尚古斎の共箱で、持ち手の竹は三世尚古斎が作っており、珍しい作品なのでこのような価格でお買取りさせて頂きました。
特に、鉄と銀で作られた作品(取手が鉄)で作られた品物や、銀瓶の周りに四君子等の絵が彫られている品物はより高価に買取致します。
その他には、銀瓶本体の部分に鉄がかぶさって作られている品物は、特別高価買取対象です。

骨董品買取で、煎茶道具 茶合お買取りしました。  2016年12月1日
骨董品買取

販売価格 150,000円
写真23枚掲載、ご覧下さい。

骨董品のお買取りで、大阪よりご来店頂き有難う御座います。
色々な茶道具や骨董品をお持ち頂いた中で、金工細工の茶合をご紹介させて頂きます。
大正時代前後の品物で、玉栄堂と刻印があります。
月は銀象嵌で、薄と雁は綺麗な彫金細工が施されております。
昔の職人技が冴える素晴らしい逸品で、このような価格でお買取りさせて頂きました。

お買取りさせて頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で、店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

以前の品物はこちら

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

骨董品買取の解説

最近では、骨董品買取や茶道具買取の広告が数多く見られます。
今までは、古美術骨董店や御茶道具店が主流でしたが、最近では、何でも買取る買取専門店が多くあります。
どちらが高く買取できるかは、お店や品物にもより一概に言えません。
古美術骨董や御茶道具の世界は、奥が深く、桃山時代やそれ以前の時代にさかのぼります。
そんな古い作品の価格や、真贋を問うのは長年の経験のいる仕事です。
この様な作品は、一点で数百万円する作品もあります。

骨董品買取の解説

最近では、骨董品買取や茶道具買取の広告が数多く見られます。
今までは、古美術骨董店や御茶道具店が主流でしたが、最近では、何でも買取る買取専門店が多くあります。
どちらが高く買取できるかは、お店や品物にもより一概に言えません。
古美術骨董や御茶道具の世界は、奥が深く、桃山時代やそれ以前の時代にさかのぼります。
そんな古い作品の価格や、真贋を問うのは長年の経験のいる仕事です。
この様な作品は、一点で数百万円する作品もあります。


PAGETOP
Copyright © 骨董品買取Q&A All Rights Reserved.