富本憲吉買取

当店は、富本憲吉の買取いたしております。
富本憲吉の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と富本憲吉の買取について詳しくは下記をごらんください。

富本憲吉作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①富本憲吉売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

富本憲吉-とみもとけんきち(1886―1963)

陶芸家。奈良県生駒郡安堵町出身。
東京美術学校図案科建築部を卒業。
作品に「色絵金彩羊歯文大飾壺」など。
大正期の工芸界にあって、白磁・染め付け・赤絵を手掛け、意匠・造形に意を注ぎ、新鮮な装飾的作風を特徴とした。
とくに、色絵磁器に金銀彩をくわえた華麗な作風を築き、色絵磁器に新境地を切り開いた。
現在、奈良県安堵町の自宅跡は富本憲吉記念館になっている。

東京美術学校図案科に入学後、建築部に転じ、在学中に卒業制作を終える。
1908年(明治41)イギリスに留学。W.モリスの思想と工芸に関心を払い、ロンドンの中央芸術学校に学ぶ。
1910年(明治43)、3年後に帰国した後は、木版画、染織に専念する。在日中のイギリス人陶芸家バーナード・リーチと親交を結び、以来しだいに陶芸の道に傾倒していった。
1915年(大正4)、初めは郷里で作陶を試みたが、東京祖師谷に本窯を築き、以後本格的に制作活動に入った。
1926年上京し祖師谷に築窯、翌年国画創作協会工芸部会員となる。
1927年(昭和2)国画会に工芸部を設けて会員となる。
1935年には帝国美術院会員に推挙された。
1944年東京美術学校の教授となったが、第二次世界大戦後はこれらの官職を辞し、京都に移って色絵に金銀彩を加えた華麗で典雅な独自の作風を完成した。
1949年(昭和24)京都市立美術大学の教授となる。
1955年(昭和30)色絵磁器の重要無形文化財保持者に認定。
1961年(昭和36)文化勲章受章。代表作に「色絵金彩羊歯文飾壺」(京都国立近代美術館)がある。なお郷里の安堵町に富本憲吉記念館が設けられている。
一方、彼の文筆活動は工芸批評、作品解説ほか多岐にわたり、おもなものに「窯辺雑記」「製陶余録」「楽焼工程」などがある。
1963年(昭和38)6月8日死去。77歳。