楠部弥弌買取

当店は、楠部弥弌の買取いたしております。
楠部弥弌の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と楠部弥弌の買取について詳しくは下記をごらんください。

楠部弥弌作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①楠部弥弌売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

楠部弥弌-くすべやいち(1897―1984)

大正~昭和時代の陶芸作家。京都市東山区三条通白川に生まれる。本名は弥一。
革新的な陶芸運動を展開。
陶技では「彩埏(さいえん)」とよぶ独自の加飾法を開発し、単純な形のほかに、自然の情感を尊ぶ作風をつくりあげた。
作風は白磁に薄肉の彫塑的文様をほどこす技術から、やがてこれに釉裏紅の彩色を加え、あるいは碧玉釉や早蕨釉をかけたもののほか、粟田焼風の色絵陶器にも見るべきものがある。

1912年(明治45)4月に京都市陶磁器試験所の伝習生となる。
1918年、粟田口の工房に移り、本格的に陶芸。
1919年(大正8)、八木一艸ら同窓生とともに赤土社を結成し、創作陶芸運動をすすめ、京都陶壇に新風をそそいだ。
1925年にパリの博覧会において「百仏飾壺」が入賞。 柳宗悦を知る。
1927年(昭和2)「葡萄文花瓶」で帝展に入選して以来、官展で活動した。
1933年「青華甜瓜文繡文菱花式竜耳花瓶」が同展特選を獲得。
1934年、帝展無鑑査。
1952年、日展参事。
1954年(昭和29)日展出品作「慶夏花瓶」で日本芸術院賞を受賞。
1962年(昭和37)日本芸術院会員となる。
1972年には文化功労者となった。
1978年文化勲章受章。
1984年、従三位。
1984年(昭和59)12月18日死去。87歳。