黒田正玄買取

当店は、黒田正玄の買取いたしております。
黒田正玄の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と黒田正玄の買取について詳しくは下記をごらんください。

黒田正玄作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①黒田正玄売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ

当店には骨董品買取担当者がおります。 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。

メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、
までお願いいたします。

お見積り

お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。

お取引成立

当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。

お支払い

その場で現金をお支払いいたします。

②黒田正玄の高価買取を解説

竹細工・柄杓師で表千家、裏千家、歴代宗匠の自作茶杓では、下削りのほとんどが黒田正玄作です。
茶杓師の中では、価格は一番高く、高価買取出来る作家です。
黒田正玄下削りの茶杓でも、歴代宗匠や作者により買取価格は大幅に変動します。
表千家、裏千家の歴代宗匠自作の茶杓では、代の古い昔の茶杓は特別高価買取対象になります。

黒田正玄買取 黒田正玄買取黒田正玄買取

竹の質や種類、また使用の具合によって価格は変動します。
一点物の骨董の世界で、一般の方々に簡単に説明するのはなかなか難しいことです。
骨董の世界はたいへん複雑で難しいので、買取依頼の際には買取専門店ではなく、長年知識と経験を重ねた古美術骨董商にご相談頂くのが賢明でしょう。

③当店の強み

 黒田正玄―くろだせいげん

千家十職の一つで、竹細工・柄杓師を務める家が代々襲名している名称。

柄杓の他、台子、香合、花入など竹を使う茶道具を製作し、千家に納めてきた家系、当代は十三代。
初代正玄は、丹羽長重に仕える武士であったが、関ヶ原の戦い後、浪人となり剃髪して大津に移り住んだ。
一阿弥を師匠として柄杓の製作を学び、評判の竹細工師となる。
柄杓作りの腕が認められ、竹の茶道具製作を生業とし、京に住まうようになる。
武家茶人であった小堀遠州の元に熱心に通い茶道の修行をし、推挙で江戸幕府御用達となり、茶道界・江戸幕府とのつながりを作る。
千家とのかかわりは三代正玄からで、以後歴代三千家や幕府の御用を務める。
以後明治維新にいたるまで、歴代三千家、将軍の御用達柄杓師となる。

歴代の黒田正玄

初代 黒田正玄 (1578~1653)

字は七郎左衛門。越前国黒田郡生。
成長して、当地の当主である丹羽長重に仕えるが、関ヶ原の合戦で長重が西軍につき改易、七郎左衛門も浪人となる。
この時に剃髪して黒田正玄と号し、大津に移って竹細工の製造を始める。
豊臣秀吉に柄杓を納めて「天下一」と称されていた一阿彌という醒ヶ井の井戸守が、黒田正玄の柄杓づくりの師匠であったといわれる。
その後竹細工が評判を呼び、京に転居。
小堀遠州の元で茶を修行し、その推挙により江戸幕府御用達の柄杓師となる。
遠州は大名への仕官も薦めたが、それは固辞。また、大徳寺156世住持・江月宗玩の元に参禅していたことで、 千宗旦に紹介されて柄杓を納めるようになる。
隠居後は洛北・瓜生山の麓に住み、近所のよしみで石川丈山と親交を結ぶ。
現在も黒田家に掛かっているのれんの字は石川丈山の筆によるものと伝えられる。

二代 黒田正玄 (1626~1687)

初代の三男。諱は宗正。
27歳の時に家督相続。小堀遠州の推薦により徳川家光の御用柄杓師となる。

三代 黒田正玄 (1656~1717)

二代の長男。初名は弥助。
徳川綱吉、表千家覚々斎、久田宗全の御用達を務める。
宝暦元年(1704)、隠居し正斎と名乗る。
享保2年、室町通今出川に転居。

四代 黒田正玄 (1692~1731)

三代の長男。
13歳の若さで家督相続し、将軍家、三千家御用を務めるが、40歳で早世。

五代 黒田正玄 (1738~1778)

四代に子供がいなかったため、二代の妻の実家である勝見五郎兵衛家から養子に迎えられる。幼名は才次郎。
徳川吉宗、表千家如心斎、裏千家又玄斎、武者小路千家直斎の御用を務める。

六代 黒田正玄 (1747~1814)

五代の長男。幼名は正次郎。字は弥吉。剃髪後は弄竹斎、玄堂。
上京の町年寄を務めるなど、京の町人の中でも重鎮であり、
柄杓師としては徳川家治、家斉、表千家、裏千家不見斎、武者小路千家一啜斎の御用を務める。
天明8年(1788年)、天明の大火に遭遇、家屋敷を失うが、他の千家十職がそれまでの家伝や資料なども失った家が多かったのに対し、 黒田家は倉だけは焼け残ったため、比較的古い資料を現代まで伝える。

七代 黒田正玄 (1768~1819)

六代の養子。字は弥三郎。後に弥吉。
47歳で家督相続。
養父に引き続き上京町年寄、及び徳川家斉、表千家了々斎、裏千家認得斎、武者小路千家好々斎の御用を務める。

八代 黒田正玄 (1809~1869)

七代の長男。幼名は熊吉。元服後は弥吉。
11歳の時、父の死により家督相続。
先代に引き続き将軍家、三千家御用達柄杓師を務める。
幕末動乱期の中、51歳で後継者を失い、明治維新によって大得意先の将軍家の消滅という悲劇に遭う。

九代 黒田正玄(1837~1859)

八代の長男。字は弥一郎。
修行中、父に先立って早世。

十代 黒田正玄(1825~1900)

八代の婿養子。初名は利助。
八代の弟子であり、既に結婚独立していたが、
九代の急死のため、急遽師匠の命により呼び戻されて後継者となる。
その時に妻子を離縁したといわれている。
明治2年、養父の死により家督相続するが、将軍家が無くなり、茶道も斜陽の時期を迎えるという困難の中、家業の維持に苦心。
明治14年、隠居し、明治33年に逝去。
遺言により黒田家の菩提寺ではなく修学院(現・京都市左京区)の実家の菩提寺に、筍型の墓石を築かれ、葬られる。

十一代 黒田正玄(1872~1911)

十代黒田正玄と八代黒田正玄の娘の間に生まれた長男。幼名は熊吉。
富岡鉄斎と親交があった。
表千家碌々斎、裏千家、武者小路千家一指斎の御用を務める。44歳で急死。

十二代 黒田正玄(1906~1988)

十一代の長男。本名は久万吉。
父が死去したときまだ6歳だったため、叔父黒田常次郎と父の弟子上田定次郎に後見され、大正15年に家督相続する。
昭和18年に政府認定技術保存資格者、昭和51年4月28日紺綬褒章受賞。94歳で逝去。

十三代 黒田正玄(1936~)

父が死去したときまだ6歳だったため、叔父黒田常次郎と父の弟子上田定次郎に後見され、大正15年に家督相続する。
昭和18年に政府認定技術保存資格者、昭和51年4月28日紺綬褒章受賞。94歳で逝去。

十三代 黒田正玄(1936〜)