香取正彦買取

当店は、香取正彦の買取いたしております。
香取正彦の買取はお気軽にご相談ください。

当店も長年古美術商を営んでおりますが、日頃骨董品と馴染みのない皆様も多く、一般のお客様や、買取店からもご相談のお電話をよくいただきます。

古美術骨董品の買取と香取正彦の買取について詳しくは下記をごらんください。

香取正彦作品の鑑定・査定・買い取り・購入

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)

①香取正彦売却希望のお客さまへのご案内(査定・売却の流れ)

お問い合わせ
当店には骨董品買取担当者がおります。 全国対応しておりますので、 買取のご相談でご来店いただくお客様は、 必ず、事前にお電話 075-533-1956 でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。
お見積り
お問い合わせの骨董品についての説明や品物の価値、お買取可能かどうかをご相談いたします。 小売価格をもとに買取、買受価格を決定しておりますので、卸売価格やオークション価格ではなく、高価に買取させていただけると考えております。 また、見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
お取引成立
当店では、お客様に納得していただくことを第一に考えております。 店頭で販売する価格をお客様にご提示、ご説明させていただきます。
お支払い
その場で現金をお支払いいたします。

②当店の強み

香取正彦―かとりまさひこ(1899-1988)

昭和時代の鋳金工芸作家。東京小石川に生まれる。
香取秀真の長男。
東京美術学校(現在の東京芸術大学)の鋳金科に入学し、主任教授津田信夫の指導を受ける。
製作にあたっては、古典研究を基礎とした。
終戦後は戦争中に供出された仏像仏具などの文化財修理、保護に尽力し、比叡山延暦寺、成田山新勝寺の梵鐘などを手がける。

1925年(大正14年)、東京美術学校鋳金科を卒業。同年パリ万国装飾美術工芸博覧会(アールデコ万博)に「苺唐草文花器」を出品し銅牌を受賞。
1930年(昭和5年)から3年続けて、帝国美術院展覧会の工芸部門において特選を受賞し帝展無鑑査となる。
1949年(昭和24)から梵鐘制作を始め、比叡山延暦寺、成田山新勝寺、広島平和の鐘を手がける。
1953年(昭和28)芸術院賞。
1954年(昭和29)より日本伝統工芸展が開かれ、第3回展から審査委員を委嘱される。
1977年(昭和52)、梵鐘の分野で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。
1981年(昭和56)、梵鐘制作100点を達成し「百禄の鐘」を出版。
1987年(昭和62)、日本芸術院会員に推挙された。
1988年(昭和63)11月19日死去。89歳。