販売価格 70,000円
写真7枚掲載、ご覧下さい。
平成29年8月21日

地元京都の祇園町のお客様で、珍しい櫛、かんざしを持っておられ、価値を査定するのが大変でした。
時代は江戸末期頃の作品だと思われます。
打ち出の小槌の上に餅が乗っており、楽しい図柄です。
彫金細工が丁寧に施され、18金の刻印も入っております。