京都祇園骨董街・老舗骨董商の買取専門ホームページです。骨董品買取は全国対応!東京・大阪も対応。
  • HOME »
  • トップページ(下部コンテンツ)

骨董品買取の中でも、人気があり、高価買取ができる品々とは?

地元京都は千年の都が続き京都ならではの価値のある骨董品の買取があります。骨董豆知識
また、京都祇園は京都の芸術文化の中心でもあり、素晴らしい価値のある骨董品の査定買取を数多く経験させて頂きました。
そんな、京都祇園にお店がある古美術やかたの説明ですが、宜しくお願い致します。

簡単に一口で説明するのは困難ですが、買取の要点だけを話してみます。
先の項でもお話をさせて頂きましたが、買取の相談で作家の名前で作品の価格を尋ねて来られるお客様が多くおられますが、この世界は、査定も難しく、一つ、一つ手作りで、一点、一点価格も変わります。
時代の古い、江戸時代や桃山時代の作品については、査定や鑑定も難しく、前項でも説明させて頂きましたが、ここでは、それぞれの品物の作家について話してみたいと思います。

根付から順次お話をしますと、豆知識の根付で説明している様に、まずは、時代が古く、作の良い品物が査定価値も上がり、高価買取の第一条件です。
作家別では、懐玉斎正次谷斎が人気があるようですが、晩年の作で、出来の状態によっても査定価格は変動します。
ほかには、森田藻己が一般的には有名ですが、昔の作家の忠義正直も昔からの人気作品で、査定価値も高く高価に買取出来ます。
また石川光明や、一般的によく知られる加納鉄哉も人気ですが東谷如藻の作品も、素晴らしい逸品があり、高価買取も可能です。

竹籠では、やはり昔の煤竹(すすだけ)が人気があり、味のある竹根が使われたり、太い昔の煤竹が大胆に使われた作品には特別人気があり、査定価値も高く高価買取出来ます。
作家別では、初代 田辺竹雲斎の作品や、早川尚古斎が人気で、関東では、飯塚 琅玕斎が特別人気があります。
その他、買取では、二代 田辺竹雲斎や、和田和一斎そして、前田竹房斎あたりが、人気があるようです。
関東では、飯塚 小玕斎飯塚鳳斎と続き、関西では、鈴木玩々斎が人気のようで、査定価値は高く特別高価買取対象です。

金工細工、彫金細工の品々では、豆知識の金工細工にも書いておりますが、明治時代になり、戦いに使う刀や武具の製造が禁止され、日本古来のそれらの職人たちは、工夫を凝らし、金工細工、彫金細工の品々を作り、ヨーロッパの博覧会に出品して、人気を得て価値が高まりました。
これらの作家で、買取で人気があるのが、東京芸大の加納夏雄や、重文にもなった正阿弥勝義海野勝珉、また刀装具で優れた、後藤一乗は特別人気があり、査定価値も高く買取も高価に出来ます。
また、香川勝広石黒是美の金工作品も人気で、波の彫金で有名な大森英秀、近年では大島如雲秦蔵六が知られ、鉄の打ち出し細工で山田宗美が買取では最近人気があり、査定価格も上がっています。

陶芸作品では、日本の昔の陶芸では、壺・甕陶磁器、また六古窯や古九谷焼が知られていますが、作家別では、お茶道具の樂吉左衛門、食の器の北大路魯山人の査定依頼が多くあり、人気で高価に買取出来ます。
加藤唐九郎荒川豊蔵の作品や、関西では河井寛次郎清水卯一の作品が人気があり、金重陶陽や九州の酒井田柿右衛門も人気作家で、買取の際の査定価値は高く高価買取させて頂きます。

少し特殊な芸術分野では、漆芸や彫刻がありますが、梶川の蒔絵や漆絵の柴田是真、また尾形光琳の作品は特別人気があり、度々見積りや査定依頼があり、高価に買取出来ます。

骨董品の買取はお気軽にご相談ください TEL 075-533-1956 11:00~18:00 (月・火定休※ご予約の買取のみ営業)


PAGETOP
Copyright © 骨董品買取Q&A All Rights Reserved.