一般的なご紹介ですが、日本古来の陶磁器窯に、六古窯(ろっこよう)があります。

六古窯とは、日本古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な六つの窯の総称です。
愛知県瀬戸市の瀬戸焼、愛知県常滑市の常滑焼、福井県丹生郡越前町の越前焼、滋賀県甲賀市の信楽焼、兵庫県篠山市の丹波焼、岡山県備前市伊部の備前焼 以上です。

時代的には平安時代にさかのぼり、猿投地区(現豊田市猿投)には猿投窯と呼ばれる一大窯業生産地があり、灰釉が施された須恵器が生産され、高級食器として流通しましたが、末期頃から製品が粗悪化し、衰退していきます。

また、鎌倉時代に、加藤四郎景正が、中国の宋から施釉陶器の技法を伝えたのが創始といわれています。
この頃から、灰釉・鉄釉などの本格的陶器生産が始まり、中国から輸入される磁器を模倣したものが多く、代用品として生産・流通していきました。
鎌倉時代の製品には、優美な印花文や画花文を施したものが多いといわれています。

室町時代末頃までは古瀬戸とよばれ、椀や皿や鉢といった日用雑器の生産が多くなります。

次第に生産拠点が美濃に移り、桃山時代からは、黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部などの茶器が茶の湯の隆盛に伴って多く焼かれ、日用雑器も作られるようになります。
この頃から、佐賀県唐津市で唐津焼が本格的に焼かれ、茶の湯の名品として高い評価を得ていました。

江戸時代には、茶人・小堀遠州が、志戸呂焼、膳所焼、朝日焼、赤膚焼、古曽部焼、上野焼、高取焼の窯場から 自分好みの茶器を焼いていたことで賞賛した、七つの産地の総称が「遠州七窯」と呼ばれました。