島根県のお客様、あんなものこんなものと思わず、お気軽にお問い合わせください。
出雲大社もあり、芸術文化レベルの高い土地柄で、買取依頼の際には高価買取させて頂く事も良くあります。
2代、3代前に集められた骨董品、茶道具など数多く眠っています。
骨董品の整理、骨董品買取依頼の際は是非当店にお尋ね下さい。

島根県と骨董品

島根県は、国宝秋野鹿蒔絵手箱が納められている出雲大社などの神話にまつわる文化遺産をはじめ、世界遺産の石見銀山、たたら製鉄など経済の中心としての史跡も多く残っています。

島根県隠岐は古くから流刑の地とされ、後鳥羽上皇や後醍醐天皇をはじめ多くの貴族が流されました。
しかし、このことによって京文化が伝わり、島根県独自の文化が生まれたのです。

重要無形文化財、伝統的工芸品、無形文化遺産に指定されている「石州和紙」は世界的に有名です。

また、島根県は、河井寛次郎、森鴎外、原清、森英恵など多方面に数々の有名な芸術家が輩出された、文化レベルが非常に高い土地です。

島根県の歴史と骨董品買取

江戸時代に、堀尾吉晴が入国して築いた松江城は、国の史跡・重要文化財です。
松江藩はその後京極氏を経て、徳川家康嫡男の流れを汲む結城松平氏の松平直政が入国し、幕末まで文化、統治が繁栄しました。
松江藩では、たたら製鉄の隆盛し、安来などの港が北前船で繁栄しました。
螺鈿や金銀象嵌の茶道具、煎茶道具、金瓶、銀瓶など、島根県の茶道具や骨董品などは、高価買取対象品です。

石州和紙は、島根県の石見地方で製造される和紙で、現在は島根県浜田市三隅町を中心に製造されています。
紙質は強靱でありながら肌触りは柔らかく、その紙質から障子紙として多く用いられてきました。
先人から代々伝わってきた技術は、重要無形文化財・伝統的工芸品の指定を受け、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。
近年は、文化財修理、書道用紙、賞状の用紙をはじめ様々な用途に用いられるようになった、島根県が誇る技です。
島根県の古書、日本画、洋画など、兵庫県の骨董品、彫金細工、金工細工の骨董品、茶道具は高価買取対象です。

日本の陶芸家で、「暮しが仕事 仕事が暮し」の言葉を残した陶工・河井寬次郎は、島根県安来生まれです。
実用的で簡素な造形に釉薬の技術を生かし、美しい発色の器を次々と生み出して注目を浴びました。
島根県の骨董品、茶道具、金瓶、銀瓶などは高価買取させて頂きます。

島根県出雲市生まれの原清は、日本の陶芸家で、人間国宝に認定されました。
清水卯一に師事し陶芸び、鉄釉の研究を続け、独自の技法となるまで錬磨に励み、重要無形文化財「鉄釉陶器」保持者に認定されました。
黒色と褐色の二種類の釉薬を駆使し大柄な色面で文様を描き、細かな技巧に頼ることのない作風は鉄釉陶器の新しい発展性を生んだとして、高く評価されています。
古い時代の島根県の骨董品や茶道具、竹籠細工、刀装具縁頭・目貫・小柄・鍔などは高価買取させて頂いております。

そのほか、船木 道忠は、陶芸家で、島根県指定重要無形文化財保持者です。
「子安観音像」「楠御夢之図」の内藤伸は、雲南市。
「木彫十三面花鳥額」の山根八春は松江市の出身です。
古い歴史を今に伝える島根県の伊万里・古陶器、骨董品、茶道具、金瓶、銀瓶製品などは、高価買取対象です。

島根県の骨董品は出張買取いたしております。
骨董品の買取を検討されているお客様はぜひ一度お問い合わせください。

島根県の出張買取地域

  • 海士町
  • 飯南町
  • 出雲市
  • 雲南市
  • 大田市
  • 邑南町
  • 隠岐の島町
  • 奥出雲町
  • 川本町
  • 江津市
  • 知夫村
  • 津和野町
  • 西ノ島町
  • 浜田市
  • 東出雲町
  • 斐川町
  • 益田市
  • 松江市
  • 美郷町
  • 安来市
  • 吉賀町