香川県のお客様、あんなものこんなものと思わず、お気軽にお問い合わせください。
四国と言えば讃岐彫や真赤珊瑚などが多く、高価買取させて頂ける骨董品が、香川県には数多く眠っています。
骨董品の整理、骨董品買取依頼の際は是非当店にお尋ね下さい。

香川県の歴史と骨董品

香川県には、空海ゆかりの四国八十八カ所巡りや善通寺、金比羅宮など、今なお多くの文化遺産が残っています。

そんな香川県は、平賀源内、磯井如真、中原淳一、壺井栄、菊池寛、猪熊弦一郎ら数々の文化人を排出しています。

神社仏閣が多い香川県には小さい頃から骨董品に親しんでいる方が多いためか、当店にも香川県からのお客様がよくいらっしゃいます。
そのため、骨董品買取のご相談もよくお受けしております。

香川県の骨董品買取

香川県は、こんぴらさんの愛称で親しまれる金刀比羅宮、空海の生誕地としても知られる善通寺、寛永通宝の銭形砂絵で知られる観音寺などの歴史的建造物が有名です。
手袋・桐下駄・うちわは日本一の生産量を占め、松盆栽等の生産も盛んです。
香川県の骨董品、茶道具の買取はご相談ください。

香川漆器は、讃岐漆器あるいは高松漆器とも呼ばれることがあり、江戸時代に、水戸徳川家の松平頼重が漆器や彫刻に造詣が深く、これを振興したことに始まります。
香川漆器の代表的な作家に人間国宝の磯井如真、音丸耕堂、磯井正美、太田儔、山下義人らがいます。
香川県の古書、日本画、洋画など、広島県の骨董品、彫金細工、金工細工の骨董品、茶道具は高価買取対象です。

人間国宝の磯井如真は、高松市出身です。
大阪山中商会で中国漆器の修理などに携わり、技術を習得したあとに高松に戻り、香川漆器を独自研究を重ねて復興し、近代化を確立しました。
讃岐漆芸の中興の祖と称されております。
「点彫り蒟醤」を創案し、重要無形文化財「蒟醤」の保持者(人間国宝)に認定されました。
古い歴史を今に伝える螺鈿や金銀象嵌の茶道具、煎茶道具、金瓶、銀瓶など、香川県の茶道具や骨董品などは、高価買取対象品です。

特に香川漆器では、多色の重ね塗りにより大変色彩に富むものも作られてきました。
厚く塗り重ねるために、制作に大変時間がかかります。
立体感のある作品が生み出される難易度の高い技法が伝わっております。
古い時代の香川県の骨董品や茶道具、竹籠細工、刀装具縁頭・目貫・小柄・鍔などは高価買取させて頂いております。

そのほか、沖縄県の首里城再建などに尽力した、染織家の鎌倉 芳太郎は、現木田郡三木町大字氷上生まれです。
重要無形文化財「型絵染」保持者(人間国宝)に認定されました。
香川県の古書、日本画、洋画など、香川県の骨董品、彫金細工、金工細工の骨董品、茶道具は高価買取対象です。

香川県まで出張買取いたします。
骨董品の処分をお考えのお客様、知らずに捨ててしまっては元も子もありません。
まずはお気軽に当店にご相談ください。

香川県の出張買取地域

  • 綾川町
  • 宇多津町
  • 観音寺市
  • 琴平町
  • 坂出市
  • さぬき市
  • 小豆島町
  • 善通寺市
  • 高松市
  • 多度津町
  • 土庄町
  • 直島町
  • 東かがわ市
  • 丸亀市
  • まんのう町
  • 三木町
  • 三豊市