鳥取県のお客様、あんなものこんなものと思わず、骨董品買取依頼の際にはお気軽にお問い合わせください。
大陸文化に近い土地柄、2代、3代前に集められた骨董品、茶道具など数多く眠っており、高価買取させて頂きます。
骨董品の整理、買取依頼の際は是非当店にお尋ね下さい。

鳥取県と骨董品

鳥取県の歴史は神代の時代まで遡ることができます。
「因幡の白兎」や「八岐大蛇」の伝説は有名です。

中国大陸と近いこともあり、中国の文化や技術が早くから流入していたと思われます。
当時最先端の技術である鋳造技術(たたら製鉄)が盛んで、多くの銅剣や銅鐸が出土しています。
経済活動も盛んで、古墳も多く発見されています。

奈良時代には東大寺領が置かれ、応仁の乱で有名な山名氏の守護領地にもなりました。
応仁の乱後、尼子氏、毛利氏、豊臣秀吉とそうそうたる大名の支配下となった豊かな土地でした。
江戸時代になり池田氏が治めるようになると、平和な時代に多くの文化芸術・工芸が育まれました。

鳥取県ゆかりの人間国宝には、「木工芸」の大坂弘道、「陶芸」の前田昭博らがいます。

鳥取県の歴史と骨董品買取

弓浜絣は、鳥取県の弓ヶ浜半島(米子市、境港市)で製造されている絣で、浜絣とも呼ばれて県指定無形文化に指定されております。
絵絣で有名で、倉吉絣、広瀬絣とともに山陰の三絵絣の一つです。
古い時代の鳥取県の骨董品や茶道具、竹籠細工、刀装具縁頭・目貫・小柄・鍔などは高価買取させて頂いております。

因州和紙は、鳥取県東部の特産の和紙で、書道や書画・水墨画に用いる画仙紙(因州画仙紙)の生産量は、日本全国の6~7割を占め、日本一です。
ほかにも近年は建材や工芸材料など多用途に用いられております。
また、生産地の紙漉きの風景は、環境庁の選ぶ、日本の音風景100選とされております。
鳥取県の古書、日本画、洋画など、兵庫県の骨董品、彫金細工、金工細工の骨董品、茶道具は高価買取対象です。

鳥取県の境港市の出雲石燈ろうは、奈良時代に始まるといわれる鳥取県が誇る伝統工芸品です。
良質な原石は、耐寒性、耐熱性に富み、数百年の風化にも良く耐えると言われており、造園や室内装飾などに欠くことのできない製品となりました。
鳥取県の骨董品、茶道具、金瓶、銀瓶などは高価買取させて頂きます。

日本の木工芸家で、重要無形文化財「木工芸」の保持者(人間国宝)の大坂 弘道は鳥取県倉吉市生まれです。
唐木指物などの木工画法を得意としました。
複雑な文様の木画にさらに象牙や水晶、金銀などの材料を象嵌した技法は高度で、華麗な装飾が特徴です。
古代の木工品は複雑な文様のものが多く、そのため宮内庁から依頼を受け、正倉院宝物「紫檀木画箱」の複製を完成させました。
螺鈿や金銀象嵌の茶道具、煎茶道具、金瓶、銀瓶など、鳥取県の茶道具や骨董品などは、高価買取対象品です。

また、鳥取県出身の陶芸家で白磁作家、前田 昭博も輩出しました。
前田 昭博は、鳥取県鳥取市河原町本鹿生まれで、「陶芸」で鳥取県指定無形文化財認定、国の重要無形文化財「白磁」保持者(人間国宝)です。
鳥取県の歴史ある、彫金細工、金工細工の骨董品、茶道具の買取はご相談ください。

鳥取県内は骨董品の出張買取いたします。
骨董品の買取はお気軽にお問い合わせください。

鳥取県の出張買取地域

  • 岩美町
  • 倉吉市
  • 江府町
  • 琴浦町
  • 境港市
  • 大山町
  • 智頭町
  • 鳥取市
  • 南部町
  • 日南町
  • 日吉津村
  • 日野町
  • 伯耆町
  • 北栄町
  • 三朝町
  • 八頭町
  • 湯梨浜町
  • 米子市
  • 若桜町