岡山県のお客様、あんなものこんなものと思わず、お気軽にお問い合わせください。
岡山県は正阿弥勝義や備前焼が有名で特別高価買取させて頂く事もよくあります。
2代、3代前に集められた骨董品が岡山には数多く眠っています。
骨董品の整理、骨董品買取依頼の際は是非当店にお尋ね下さい。

岡山県の歴史と骨董品

日本三名園のひとつ後楽園が置かれた岡山県は、山陽地方の文化の中心地として栄えてきました。

備前藩主池田光政が開いた、庶民の学校としては日本で一番古い閑谷学校は岡山県で広く文化が大事にされていたことの証だと思われます。

岡山県の骨董品といえば備前焼が有名です。
日本全国に多くの窯元がありますが、備前焼が一番人気があるとも言われ、金重陶陽、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳ら人間国宝を生みました。

他にも平櫛倬太郎(平櫛田中)、小野竹喬、池田遙邨ら文化勲章を貰われた作家の方々が多くおられ、文化芸術の育成に情熱が注がれた土地だということがわかります。

岡山県の骨董品買取

古くは「吉備国」と呼ばれ、大和朝廷に並ぶほどの強大な勢力を持っていたとされる岡山県は、古代より独自の文化圏を形成し、県内に数多くの遺構が残されております。
岡山県の骨董品、茶道具の買取はご相談ください。

岡山市を中心とする備前地域は、池田光政の儒教尊重が家風となり、現在も教育熱心な地域と言われています。
江戸時代には、池田氏により日本三名園の後楽園が造られ、閑谷学校が開かれるなど、文化・教育面でも多大な功績を残されております。
全国初の藩校である花畠教場を、続いて世界最古の庶民学校である閑谷学校を開くなど、教育の面では古くから先進的な取り組みがなされてきました。
旧閑谷学校講堂は、国宝です。
岡山県の古書、日本画、洋画など、兵庫県の骨董品、彫金細工、金工細工の骨董品、茶道具は高価買取対象です。

吉備を表す枕詞が「真金吹く」であるように、古くから連綿と受け継いできた優れた鉄製技術を持っていました。
そのため現在の瀬戸内市長船町では、福岡一文字や備前長船、吉岡一文、字国宗派、青江貞次一派などといった有力な刀匠の一派が数々生まれて栄えました。
中でも、備前伝と美濃伝の刀が傑出しており、大量に生産されました。
質の面では、あらゆる流派の中で、備前刀が最も優れているとされ、国宝に指定されています。
現在でも備前では優れた技術を持つ刀匠によって、刀が生産されています。
古い時代の岡山県の骨董品や茶道具、竹籠細工、刀装具縁頭・目貫・小柄・鍔などは高価買取させて頂いております。

一方で、陶器の備前焼は日本六古窯のひとつであり、釉薬を全く付けずに焼かれる素朴さと力強さ、炎と火の粉、薪の灰から生じる窯変の味わい、そのわびさびを体現した風貌から
千利休や古田織部などといった茶人に愛されてきました。
「投げても割れない」と言われ、茶人や公家、武家以外の一般庶民にも広く流通し、鎌倉時代初期までの作品は「古備前」と呼ばれ、特に珍重されております。
金重陶陽といった人間国宝などの活躍もあり、全国的に有名です。
古い歴史を今に伝える岡山県の伊万里・古陶器、骨董品、茶道具、金瓶、銀瓶製品などは、高価買取対象です。

陶芸家で、備前焼の陶工として初めて人間国宝となった、金重 陶陽は、岡山県出身です。
伊万里焼や九谷焼などに押されて人気を失っていた備前焼を再興させることに尽力しました。
古備前のもつ土味を追及し「備前焼中興の祖」と称されております。
金重陶陽、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳ら岡山県の人間国宝の作品や備前焼などは高価買取させて頂きます。
螺鈿や金銀象嵌の茶道具、煎茶道具、金瓶、銀瓶など、岡山県の茶道具や骨董品などは、高価買取対象品です。

岡山県内は骨董品の出張買取いたします。
骨董品の売却をお考えの岡山のお客様、ぜひお気軽にお問い合わせください。

岡山県の出張買取地域

  • 赤磐市
  • 浅口市
  • 井原市
  • 岡山市
  • 鏡野町
  • 笠岡市
  • 吉備中央町
  • 久米南町
  • 倉敷市
  • 里庄町
  • 勝央町
  • 新庄村
  • 瀬戸内市
  • 総社市
  • 高梁市
  • 玉野市
  • 津山市
  • 奈義町
  • 新見市
  • 西粟倉村
  • 早島町
  • 備前市
  • 真庭市
  • 美咲町
  • 美作市
  • 矢掛町
  • 和気町